【Book Review】1週間ステップアップ「ゆる体操」【体操】

 高岡英夫さんという人が「ゆる」がつく「呼吸法」や「体操」などの指導していらっしゃるのですが、その中の一冊です。とにかく運動ではなく体をほぐすことに焦点をあてている体操で、10分もかからない程度やるだけでかなり体がほぐれます。

 こういった体操はなかなか続かないものですし、効果もわかりにくいですが、この「ゆる体操」は寝る前にベッドでやると、最初は棒がベッドにのっているような感じが、ほぐれて細かい部分に分割されて沈み込むような感じがするので結構テキメンに変化がわかります。しかも体操自体がちょろっとできて面倒じゃないのが素晴らしい!
 体操は色々試してみたのですが、まとまった時間を取らないとできないようなものはだんだんとやらなくなって自然消滅するので、こういう適当に気合0でできるのは、私には良かったです。

 しかしベッドで1人でグニャグニャ動いてるのはかなり気持ちの悪い光景なので、見られると確実に突っ込まれます。家族がいる人は巻き込んでやると良いかもしれません。

 こういったストレッチというか体をほぐす作業は、体を鍛えている人にも大切で、筋肉の仕組み的には筋トレよりも多くの時間を割いたほうが良いほど大事なプロセスです。
 また私たちは普段の生活で、筋肉の伸ばしてほぐすのではなく、体を硬直させて筋肉を固めるような動作ばかりする傾向があるので、なおさらこういった体操が必要な人は多いのではないでしょうか。

 タイトルとおり、1週間でステップアップとありますが、私は全然従わずに適当にやっています。それでもふとしたときにやると、体も頭もスッキリしますし、どこでもさっとできるような体操も入っているので、スキマ時間にもできます。

 Amazonのレビューを見ていると、かなり苦しんでいる人も症状が改善しているようなので、不眠や体のコリなどで思い当たるところがある人にはお勧め。

 もう一冊、「ゆる呼吸法革命」という本もあるのですが、こちらはタイトル通り呼吸法に焦点をあてている本です。しかし、呼吸法以外の思想的な部分もあって、ゆる体操に比べるとボリュームがある本です。気になる人は本屋で見てみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする