【映画】アナと雪の女王【ネタバレ注意】

640x960

本当に久しぶりですが、ディズニー映画を見ました。というかディズニー映画を映画館で見るのは初めてでした。

絶賛上映中のアナと雪の女王です。

本編の上映前に、昔のミッキーの新作のようなもの?が同時上映として短編でいきなり始まったのですが、なかなかの3D感の白黒ミッキーでした。

相変わらずのあのヌルヌル感のあるアニメだったんですが、こう・・・なんというか・・・面白くない!

何が面白いのか全然わからない!のですが、子どもたちはキャッキャと喜んでいるので、こういうものを作れたディズニーは特異な人だと実感しました。
子供の感性をもった稀な大人だったからこそ、世界中でこれほど愛される作品群になったんだろうと思いました。
私はもうその感性が死んでいるので(笑、何がそんなに喜ぶほど面白いのか全くわかりませんでしたが・・・。
というかむしろちょっとグロいくらいに感じるシーンもありましたね。

閑話休題。

そうアナと雪の女王です。
なんでもアニメーション映画の全世界興行収入歴代1位を獲得したとか気炎を上げていますが、また◯月◯日公開としてはとかじゃないのか?本当にそんなにすごい勢いなんだろうか。
と思ってたら、ほんとにすごかった。

<全世界歴代興行収入記録>
1位: 『アバター』 27億8,230万ドル
2位: 『タイタニック』 21億8,540万ドル
3位: 『アベンジャーズ』 15億1,180万ドル
4位: 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 13億4,150万ドル
5位: 『アイアンマン3』 12億1,540万ドル
6位: 『トランスフォーマー/ダークサイドムーン』 11億2,370万ドル
7位: 『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』 11億1,990万ドル
8位: 『007 スカイフォール』 11億0,860万ドル
9位: 『ダークナイト ライジング』 10億8,440万ドル
10位: 『アナと雪の女王』 10億7,240万ドル

ていうか、アバターが一位っていうのにもびっくり・・・。

とりあえず、吹き替えはNo Thank You!!だったので、3D字幕を求めて新宿ピカデリーで観てきました。

この3Dアニメというジャンルはどんどん技術が上がっているので、新作を見るたびにスゴイなと思いますけど、アナと雪の女王もすごいクオリティーでしたね。
まあやっぱりアニメ3Dなので作り物っていう感じはするんですけど、作り物でも綺麗で楽しいと思えるレベルにもうすでに来ていると思います。こうアニメと実写のいい中間な気がします。アニメ的な非現実感だけど、なんだか登場人物のリアル感も受けるというか。

ちなみに予告編はこちらです。

肝心のストーリーは・・・・、面白かった・・・です。

・・・が!

もう一回見たいかと聞かれると・・・・うーん。

今回のテーマは、「真実の愛」です。今までのディズニーのやってきたプリンスとプリンセスの典型的なパターンの話ではありませんでしたし、確かにアナと雪の女王の「愛」もひとつの「真実の愛」ではあります。
しかし、それならぶっちゃけヒーローのクリストフを物語の途中でもうちょっと控えめにして、「真実の愛」に関わる部分をもっと強く強調しても良かったんじゃないでしょうか。

【特集:アナと雪の女王】ディズニー・ミュージカルの復活…舞台裏の主人公たち

インタビューでも、こんなふうに言ってますし。

クリス:「僕たちはまず、この『アナと雪の女王』を作っていくうえで、ディズニーのフェアリーテール(おとぎ話)において、“真実の愛”と は一体なんなのかというのを定義するところから始めたんだ。それで、普通だとプリンスがプリンセスにキスをすることで救うっていうストーリーだったりする けど、今回はそうしない形にしようってことになったんだ」。

ジェニファー:「この作品ではエルサというひとりの女性を描くうえで、本来雪の女王がもっている“悪”の部分を、自分の不思議な力に対する “恐れ”という形に変換したの。“正義と悪”を描くと、ストーリーがそれだけで完結してしまって、私たちが描きたかったものじゃなくなってしまう。だか ら、“愛と恐れ”の対立構造にすることで、よりストーリーに膨らみを持たせたいと思ったの。今回は、姉妹のお話、家族のお話にしたかった。だから、自分自 身を救うために闘うヒロインの物語として描いたのよ」。

ちなみに私としてはクライマックスの盛り上がりで、チューしておしまいと思いながらボーっとみてたら、すごい勢いで空振りされた感じがしてびっくりしました。

は!?まさか・・・・これが狙いだったのか!

それに最後の姉妹の会話が・・・、こうあまりにテーマアピールなダイレクトな内容なので、説明口調のように感じるというか。
もう少しオブラートに包んでくれても良かったと思います。
いち日本人としては。

それと、エルサがなんであそこまでメンタル打ちのめされて成長したのかちょっと実感として少しわかりにくい。彼女の置かれた環境を考えるとそういう風になったのも仕方なかろうとは思いますが、見ているときはいつの間にこんな風になったのかとも思いましたね。まあここらへんは、個人差がある気がします。あれですっと入っていけた人も、私のようになんかなあと感じた人もいたんではないでしょうか。

映画の中で、アナの方はいつもぺらぺらぺーらぺら喋っているし、特に幼少期はアナにフォーカスされている時間が長いので、心情がわかるんですが、お姉さんのエルサは引きこもっていたし、アナと比較するとそれほどの出番もないので、どういう心情なのかは理屈でわかるんですが、それがイマイチ腑に落ちないような感が強かったです。ただ主題歌のLet it goの下りは、映像美もあり素晴らしいシーンでしたね。あれを宣伝に使っているのはずるい(笑。

ただ物語のコマ割りというか、リズムの付け方はすごい良かったので、2時間全然飽きないで見ることが出来ました。
ミュージカル調なのがすごい全体を引き上げていたと思いますし、楽しかったですね。

主題歌のLet it goを歌っているイディナ・メンゼルは、ウィキッドでも歌っている女優なのですが、クリアなすっきりした声で迫力あり情感あり、もちろん歌もうまくて鮮烈!
この人の歌声を映画館の大音量で、ガンガン聞けるだけでも見に行く価値あるんじゃなかろうか。
なんだかLondonはVictoriaでWickedを観た時の女優の声と似ている気もするんですが、確かめるすべもないし、勘違いかな・・。

ちなみに歌っている人たちのインタビューは、こちら

映像良し、歌良し、物語・・・・悪くなし、で一度はみたらいいんじゃないかと老若男女に勧められるディズニー映画だと思います。
デートに見たりするとあのエンドは肩透かしになるかもしれんが・・・、一時期流行った草食系な感じ。
ディズニーというだけで、予定調和が期待できるので、安心して楽しめるというか、なんの不安も感じないで見れるのもなかなかいいです。

ちょっと突っ込んだりもしましたが、観に行くのはおすすめします!
別に3Dじゃなくてもいいと思いますが、英語のLet it goの歌声がホントに素晴らしいので、字幕版をおすすめしますね。

オススメ度 ★7つ ★★★★★★★☆☆☆

追記 Youtubeで日本語の吹き替えのLet it goも聞いてみましたが、翻訳歌詞・・・・どうなのこれ。そのまま訳せないのはわかるけど、意味がぜんぜん違う。

下に日本語版のリンクもあるので、見比べてください。残念ながら歌い手の技量にもだいぶ差がありますね。声の迫力も大違いです。

Let it go

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする