ハチミツは抗生物質を超える!?

20140319-103241.jpg

Science dailyの記事によると、蜂蜜には抗生物質のような作用があり、それは過酸化水素、浸透圧、酸、高濃度の糖分、ポリフェノールなどの様々な面によるもので、その作用が抗生剤のように細菌の生長を阻害するものではないことから、抗生物質よりも菌が耐性を持ちにくく、また菌が自分たちを守るためにつくる膜の生成を阻害し、菌を弱体化する作用があるのではないかという研究結果が出たようです。

The unique property of honey lies in its ability to fight infection on multiple levels, making it more difficult for bacteria to develop resistance,” said study leader Susan M. Meschwitz, Ph.D. That is, it uses a combination of weapons, including hydrogen peroxide, acidity, osmotic effect, high sugar concentration and polyphenols — all of which actively kill bacterial cells, she explained. The osmotic effect, which is the result of the high sugar concentration in honey, draws water from the bacterial cells, dehydrating and killing them.

In addition, several studies have shown that honey inhibits the formation of biofilms, or communities of slimy disease-causing bacteria, she said. “Honey may also disrupt quorum sensing, which weakens bacterial virulence, rendering the bacteria more susceptible to conventional antibiotics,” Meschwitz said. Quorum sensing is the way bacteria communicate with one another, and may be involved in the formation of biofilms. In certain bacteria, this communication system also controls the release of toxins, which affects the bacteria’s pathogenicity, or their ability to cause disease.

蜂蜜が強力な抗菌作用を持っているので、怪我などに直接塗ったり、またクリームに混ぜ込んで使ったりすることは代替療法では昔からよく行われていましたが、その強い抗菌作用は体内に入って消化されてしまうと、分解され、失われてしまうというのが通説だったような気がするのですが・・・、そこには言及していませんね。

しかし砂糖を蜂蜜で代替できるのならば、メリットはあってもデメリットはないので、あの味が好きな人はお茶などに入れる甘味料を砂糖からハチミツに切り替えてみるといいかもしれません。今後のリサーチではもしかしたら、風邪の予防効果があるといったような研究結果がでてくるかも。

Science Dailyの記事   Honey offers new approach to fighting antibiotic resistance より引用しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする