レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル公式サイト

先日、有楽町でレ・ミゼラブルを観ました。邦訳だと「あゝ無情」として知られていますが、直訳すると「悲惨な人々」という意味になります。

主人公のジャン・バルジャンを演じるのは、ヒュー・ジャックマン。顔に見覚えがあるものの、映画が終わってもしばらくは誰か全くわからなかったが、実はエックスメンの主役を演じた人でした。 イメージのギャップがあるけれど、すごいガタイが良かったのも腑に落ちる(笑)。

映画は、ほぼミュージカル調で歌いながら話が進んで行きます。 主演の役者たちは演技も歌も上手くて、流石有名俳優たちですが、歌っていながらも素晴らしい演技なので、後から声を当てているのかと思ったら、実際、撮影現場で歌っているのをそのまま収録しているそうです。歌える人を選んでいるのだろうけれども、一流の歌と演技をみているだけでも楽しめます。ただし話のミゼラブルさが重荷にならなければ(笑)。

どの主要人物にもドラマが有り、それが重なりあって喜びも悲しみも生まれてくるのですが、エポニーヌの最後と彼女の歌にグッと来た人も多かったのではないでしょうか。

ヴィクトル・ユゴーが原作ですが、彼の「良い行動が、悪い行動になることもある。狼を助ければ、羊を殺すことになる」という言葉を映画を見ている時に思い出しました。

レビューをみても、かなり評価の高い映画ですし、実際、閉幕したあとも立ち上がらないで余韻に浸っている人が多かった印象があります。重たい苦難の話なので、私もドッシリと疲れて、立ち上がる気になれませんでしたが・・・(一応、ハッピーエンドだと私は思いました)

なかなか他の映画では感じられない、深い印象と感覚を与えてくれる作品なので、ぜひ観て欲しいのですが、私は翌日までなんとなく「重さ」を引きずった感じがするので、休みの前の日に行くと良いかもしれません。

最後に、ほとんど関係ないのですが、オマケで観てほしい動画を貼っておきます。Britain’s Got Talent という素人から才能のある人を発掘しようという番組なのですが、このレ・ミゼラブルの主題歌を歌って、一躍有名になったオバちゃんの動画です。

スーザン・ボイルという人なのですが、日本でもCDを売りだしたので、知っている人も多いかもしれません。楽しい動画なので、時間のある人は是非見てみてください。

Posted by shin

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする