因縁の対決、ここに決着する。

ついにこの時がやってまいりました。 カステラ老舗の頂上決戦。 福砂屋vs文明堂

味には全然関係ないけど(笑)、外装デザインは福砂屋の方が好み。いかにも老舗っぽい感じがします。

寛永元年てことは400年ぐらい前でしょうか。日本は100年以上続く老舗の数が世界一らしいですが、その中でも随一ぐらいの歴史がありそうですね。

包み紙をといた箱のほうが文明堂は凝ってる。謎の外人登場(たぶんポルトガル人)。

(奥が文明堂、手前が福砂屋)

写真だとわかりにくいですが、身は福砂屋のほうが黄色い。

ちなみに福砂屋は0.6号で値段はほぼ変わらないので、文明堂の方がコスパは良い。

肝心の味の方は、文明堂は口に入れた瞬間から甘みが強い。甘さがパッとくる感じで、身はふんわりしている。

福砂屋の方がやや甘さ控えめで、身がモチモチしっかり。

文明堂のほうが甘さが鮮烈なのはやはりハニーが入ってるせいなのか。ほのかにハニーの香りもある。甘くてふんわり溶けていくようなのが好きな人は、文明堂に旗を上げるか。

どちらも美味しいので甲乙つけがたいですが、個人的には甘すぎずモチモチしている福砂屋が好みです。 まあどちらを出されても美味しくいただきますが(笑)。

福砂屋は、高級カステラもあるのでそのうちトライしてみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする