抗酸化物質が癌を悪化させるかも!?

「抗酸化物質=健康に良い}というのは、ちょっとでも健康問題に意識がある人にとってはもはや常識としても過言ではないものかもしれませんが、実際はなかなかそうとも言い切れないというのが最近の研究では明らかになってきているようです。

そもそも、この抗酸化物質が健康によいというのは、おおざっぱにまとめると、活性酸素による体の損傷を防ぎ、ひいては抗癌作用のような効果がある≒健康によいし、長生きできるといった感じです。

しかし、ひとえに抗酸化物質といっても、本当に様々なものがあるので、時と場合によっては逆にネガティブな影響が起こることもあるわけです。

例えば、βカロチンという体内でビタミンAに変化する物質は、喫煙者が恒常的にサプリメントで摂取し続けると、肺がんの発症率をあげるようだというリサーチの結果もあります。

人間の体は非常に複雑な化学的バランスの上になりたっているので、他の物質との影響の兼ね合いによっては、一般的に栄養素となるようなものでもこういった結果を招くこともあるようです。

そもそも、抗酸化物質のサプリメントに抗癌作用があるというのは、よく知られている割には様々な試験においてどうやら抗癌作用はなさそうだという残念な結果がでることが、ほとんどのケースです。

そもそも、そんな素晴らしい効果がある物質があったら利に聡い製薬会社が放っておくわけがないので、まあ現実はそんなもんだろうと妙に納得できる結果ではあります。

この抗酸化物質がどうやらあんまりたくさんとっても意味がなさそうだというのは、最近の細胞内における、酸化と抗酸化のバランスを保つシステムに関する理解が進んだおかげで明らかになってきたようです。

Their insights are based on recent advances in the understanding of the system in our cells that establishes a natural balance between oxidizing and anti-oxidizing compounds. These compounds are involved in so-called redox (reduction and oxidation) reactions essential to cellular chemistry.

例えば、過酸化水素という酸化作用を持つ物質は、微量ではありますが必須なものであり、細胞内で生成されています。多量の酸化物質は、体に有害なのは間違いのないことですが、同時に細胞は中和するための抗酸化物質も作り出しているのでバランスは自力でとれています。

活性酸素は、がん細胞の増殖を助けると考えられているので、それを抗酸化物質で消し去ろうというのは、一見理にかなったように思えます。

しかし研究によると、サプリメントを飲もうが、生野菜やスーパーフルーツを食べまくって抗酸化物質を大量に摂取しようが、がん細胞の活性酸素が発生する場所には届かないようなのです。

つまりいくら抗酸化物質をとっても活性酸素のあるところまで運ばれることはほとんどなく、いろいろな場所に撒き散らされているので、打ち消す効果は殆ど期待できません。というか「ほとんど」ではなく、まず期待できません。

がん細胞では、活性酸素があるだけでなく同様に通常よりも高い抗酸化物質も存在することがわかっています。それはがん細胞は、活性酸素を必要としつつもそれが自分自身にダメージを及ぼさないために、抗酸化物質も必要とするからです。したがって、抗酸化物質をとることが、時としてがん細胞の抗酸化物質のストックを増やすことにつながるので、癌細胞が余裕を持ってさらに活性酸素を作り出し、成長するチャンスになるかもしれないということです。

実際のところ、癌細胞を治療するときの放射線療法は、酸化物質の濃度を急激に上昇させることで癌細胞を殺す療法であり、また基本的に化学療法も同様の原理に基づいています。したがって、癌細胞を殺すことだけを期待するなら、細胞内における酸化物質の濃度を上げるほうが、抗酸化物質をとることよりも効果的である可能性は高いそうです。

実際、抗酸化物質の発生を抑制する薬が、肺がんやすい臓がんの試験において成功を収めているので、この推測も冗談ではなさそうです。

というわけで、残念ながら一般的に言って抗酸化物質による抗癌作用を期待することはあまりできないさそうな現状です。

しかし、サプリメントで過剰摂取することはともかく、生野菜やフルーツを食べることは体に必須なビタミンやミネラルを豊富に摂取することにつながるので、それ自体に問題があるわけではありません。

私自身も、特に抗酸化物質というわけではありませんが、いろいろなサプリメントをクライアントに薦めて良い結果がでています。

サプリメントもとりあえず摂ればよいというものではないので、適切に用いれば有効なケースがたくさんあります。

抗酸化物質にかぎらず、体に良い!という宣伝文句に踊らせれないできちんと情報収集して判断しないといけませんね・・・。

 

 

ScienceDailyから引用して書きました。

元記事に興味がある方はこちらかどうぞ

How antioxidants can accelerate cancers, and why they don’t protect against them

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする