谷根千散策と根津神社の節分祭り

久しぶりに谷根千を散策してきました。
東京なのに空気の流れ方が違うというか、のんびりとしたゆるい雰囲気がいい味をだしてます。

まずは千駄木駅から歩きだして、蛇道を下って行きます。

爬虫類両生類研究所喫茶分室。
カフェが爬虫類両生類研究所から分室しているという不思議空間。

フレンチレストランでした。
ドアに趣があります。ボードのメニューも気になる感じでした。
鹿料理もあるとが書いてあった気が、、、、。ジビエもやっているのかもしれません。

右の小さなお店はレザー小物を扱っていました。教えているのかわかりませんが、店の奥で二人ほどで製作してました。

ゲストハウスらしいのですが、名前は失念。
瓢箪が見事ですね。
「開けるな、中に猛犬」と張り紙が。

暖かい小春日和だったので、路上でピクニックしてました。
こういうおおらかな光景は東京だとなかなか見られないですね。ロンドンが恋しくなります。

芋甚で、昭和焼きと抹茶アイス最中。
昭和焼きってなんだ?と思ったら、分厚い今川焼きでした。抹茶アイスは、ミルクの味があんまりしなくて抹茶の香りが強いフローズンのような感覚。

根津神社にぷらりと立ち寄ったら、たまたま節分の豆まきをやっているところで、すごい人出で賑わってました。
もう神楽のあたりには近づけないような状態です。

五分ほどで豆まきが始まったのですが、投げるのがなんと

・落花生
・みかん
・ティッシュ

のみっつ。
落花生とみかんはともかく、なぜティッシュ!?

落花生だけはなんとかゲットしました(笑)

根津神社の大銀杏。立派な枝ぶり。

ナゾの縁結び猫

可愛いカフェ

猫グッズショップ

このヒマラヤ杉は有名らしいです。ちょっと場違いな空間にある感じで、絵に描いたような奇妙な景色でした。

木のしたにあるのは、時の止まったパン屋さん

昔ながらの酒屋さん。吉田屋。

カフェボッサで一休み。

銭湯を改造したアートスペース

徳川慶喜公の墓所、いつも必ず謎のボランティアおじさんがいて、薀蓄を語ってくれます。

谷中銀座の手前にある雑貨の店、松野屋。特に買うものはなくてもぷらっと寄ってしまう。

最後はしめに、「すずき」で元気メンチカツ。
酒屋さんがビールと日本酒をカップで売っていて、皆さんメンチカツを片手に楽しんでいました。
ここのメンチはいつも並んでるだけあって美味しいです。

谷中一帯は、流行ってますね~。
週末なのもあったけど、特に谷中銀座はすごい混んでました。濃いキャラの店が集まってるからでしょうか。

Posted by shin

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする