風邪のレメディー その12 Hepar Sulph ヘパ・サルフ

ヘパサルフは、ホメオパシーにおける抗生物質という人がいるほど、炎症を起こしていて化膿をしている状態によく使います。

寒気がすごく強いレメディーで、常に何か暖かいものに触れていたがりますが、なかなか体が温まらないのが特徴です。

また黄色か黄緑色っぽい濃い鼻水がでるのですが、古いチーズのような饐えた臭いがします。

・寒気が夕方、特に6PM-7PMに顕著に悪化。一日の中で、6PM-5AMが悪くなりやすい時間帯

・羽織っているものやかけているものを剥ぐのを嫌がる。片足や片手でも出したくない

・ちょっとしたすきま風や外気に触れると、くしゃみや鼻水が急に出てくる

寒気で震えが止まらない。暖めてもあまり改善しない

・熱も落ち着いて風邪が治りかかってきたけれど、鼻炎がひどく、黄色っぽい鼻水で詰まっている時

にほんブログ村 健康ブログへ  にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ  にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ