風邪の引きはじめにエキナセア

最近、インフルエンザが流行る兆しを見せているようなので、免疫を強化してくれるエキナセアについて少し書きたいと思います。

①.エキナセアとは?

エキナセアはハーブの一つで、紫色の花をつけるデイジーの種類に属する植物です。
大きく成長するものでは、1mをゆうに超える高さになり、初夏から夏の終わりにかけて開花します。

ヨーロッパやアメリカでは簡単に入手できるハーブで、薬草ですが扱いは薬ではなくサプリメントとなっています。

西洋の薬草学において代表的なハーブですが、主に風邪の予防や治療に使われます。

②.どのようなハーブか?

エキナセアは、9つの種類があり、主に以下の3種類がハーブとして使用されます。

・Echinacea purpurea,
・Echinacea angustifolia
・Echinacea pallida

どれもエキナセアの種類なのですが、含まれている化学物質はかなり違います。
したがって、種類ごとに効果に差異があると考えられており、違いを考慮して処方するハーバリストもいます。
またpurpureaは根に薬効が強く、angustifoliaは植物全体を用いるという意見もあり、熟練のハーバリストは使い分けるのですが、一般的にはあまり気にする必要はありません。

理想的にはpurpureaとangustifoliaの両方が混ぜられているサプリですが、日本ではきちんと表記されていないことも多いので、専門家にご相談なさってください。

③.薬効

一般的に、エキナセアは抗菌作用と免疫を活発化させる効果があると考えられています。
18世紀から19世紀にかけて、エキナセアは抗菌作用をもつハーブとして非常に広く使われていました。

風邪の引き始めに、風邪薬の代わりに使用されるのが多く、ヨーロッパでは愛用している方も多いです。

風邪のときに、西洋医学では消炎鎮痛剤や抗生物質を使用しますが、根本的には免疫が菌を退治しない限り風邪は治りません。
そのために、体は熱を出し、代謝を早くし、免疫を強化します。

したがって、免疫を活性化させてくれるハーブをとることは、回復を早める上で非常に理にかなっている選択です。

西洋医学の立場からも、エキナセアの効果は研究されており、様々な機関が効果を測定しています。

2007年にコネチカット大学の研究成果では、風邪の引き始めや、予防をするために習慣的にエキナセアを服用した場合、風邪をひく回数を半分以下にすることができると結論づけています。
(しかし、これには研究結果を疑問視する反論も出ています)

またThe European Medicine AgencyはEchinacea Purpureaが一般的な風邪に対する予防効果があると述べています。

④.服用にあたって
 

1.服用形態

エキナセアは、乾燥カプセルか抽出されたチンキ液のどちらかで服用します。
どちらが望ましいかは議論が絶えないのですが、 予防的に継続して摂る場合は乾燥カプセルでもかまいませんが、特に風邪の引き始めにおいて速効性を期待する場合は、個人的に吸収の良いチンキ液の方をお勧めしています。

乾燥カプセルは携帯性にも優れるので、昼間仕事があるような人にはおすすめしますが、持ち歩く必要がない人にはチンキ液のほうをお勧めいたします。

服用量ですが、メーカーによって分量がまちまちなので、各メーカーの支持に従ってください。(基本的に、ラベルに書いてあります。)

2.副作用

まず副作用はほぼないという研究結果がありますし、私自身も多くの方に薦めてきましたが、そういった話は聞いたことがありません。
たまに体に合わず、少しお腹の調子が悪くなる人がいらっしゃるようですが、副作用がでたとしても非常にマイルドなようです。

薬との干渉もほぼないと考えられており、風邪薬と併用しても問題はないようです。

またアレルギー反応がでることも稀なので、可能であれば事前にチェックしたほうが良いですが、強いアレルギー体質の方以外は基本的に気にせず使用出来ます。

可能性としては、免疫を活性化させるので、自己免疫疾患のかたは症状が悪化するのではないかという懸念がありますが、これは理論的なもので、実際に問題になったケースは報告されていません。
しかし、重度の自己免疫疾患の方は、かかりつけ医にご相談なさることをお勧めします。

3.使用が不適切なケース

特に妊婦や授乳中の方、12歳までの子供は、効果も副作用も不明なため、服用は勧められません。
ハーブの専門家に相談の上で、量を減らして 服用することは可能かと思います。
知識がない場合は、使用することは控えてください。

⑤.オススメのエキナセア

最後に、私が個人的にオススメするエキナセアを紹介したいと思います。

1.カプセルタイプ

・ネイチャーリソース

このネイチャーリソース社のエキナセアは、とりあえず試してみたい方にお勧めしています。
海外と比べてもリーズナブルな値段設定で良心的です。

・GAIA

GAIA社のエキナセアは、私自身も常備している高品質なサプリメントです。
特にEchinacea Purpurneaが多く含まれています。
このGAIA社は、品質にこだわりのある会社でエキナセア以外も良質なハーバルサプリメントを製造しています。

2.液体タイプ

液体タイプにはアルコールとノンアルコールの主に二種類があります。

アルコールタイプは保存期間が長く、ノンアルコールは服用しやすいですが保存期間が短いものが多いです。

・ハーブクラフト

ハーブクラフトは日本で非常に入手しやすいエキナセアのチンキ液です。
無農薬有機栽培で、収穫時期にもこだわった安心の品質です。
Echinacea  angustifoliaから作られています。
カプセルタイプに比べて少しお値段がしますが、私の一押しです。

またノンアルコールなので、服用しやすいですが、冷蔵庫に保管する必要があります。
保管状況が悪いと品質が劣化しますし、稀にカビることもあります。

11月に入ってそろそろ風邪の引きやすい時期が近づいて来ました。
冬になると毎年風邪を引いてしまうような人は、今冬はエキナセアを試してみてはどうでしょうか? 
きっと元気に冬を越せると思います。

いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

にほんブログ村


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする