駿河台匂

ソメイヨシノはすっかり終わってしまいましたが、牡丹桜などは真っ盛りですね。

近くの公園にひっそりと植えられている桜があるのですが、この駿河台匂という品種は素晴らしい香りがあり、満開の時には近くを散歩していると甘いけどすっきりとした良い香りがふんわりと漂って来ます。

花もソメイヨシノのほど華々しくないですが、桜らしい桜だと思います。

ソメイヨシノは染井の植木屋によって幕末の江戸で生まれたので、比較的若い桜の品種です。華麗で花が散っていく様は見ものでありますが、どこか演出くさいというか華美に過ぎる感じがして、私は山桜や駿河台匂といった一見目を引かないような桜の方が好みです。
登山の際に見かける山桜はそれは美しいものです。

そもそも私たちの感性の大本である古来からの桜に対する美意識は、ソメイヨシノのような派手な桜に対するものではなく里に咲く野生の桜を愛でるようなものだったのではないでしょうか。

国学者の本居宣長も、花は桜が美しいと書いていますし、自分の墓の設計図(笑)は桜つきだったそうです。
著述の中でも、山桜の葉が赤くなって幾つかの木がまばらにあり、花をたくさん咲かせているのはこの世のものとは思えない美しさだと述べています。

今年はもう遅いですが、浜離宮に駿河台匂の大樹があるらしいので、是非一度見に行きたいものです。

Posted by shin

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする