【レストラン】ボンディ (Bondy) 神保町本店

神保町は、カフェやレストランの激戦区ですが、その中のカレー部門の雄、ボンディ。

ボンディで、カレーの美味しさに目覚めた人も少なからずいるそうです。

ここのカレーは、オーソドックスな欧風カレーの究みといった感じで、コクがあって美味しくて夢中でパクパク食べてしまいます。ボンディのカレーは、甘みが特徴的で、フルーツをたくさん使っている感じがしますね。ただ下品に甘みが強いわけではなく、他の風味を引き立てるベースになっているので、良い旨味になっています。

メニューには、ビーフ、チキン、ポーク、エビといった違うカレーが書いてあるのですが、ベースとなっているカレーは同じ味で、それぞれ違う食材が同じカレーに入っています。ほとんどのカレーは1450円です。それにオプションで、チーズをのせたり大盛りにしたり色々出来ます。

注文時に辛さを聞かれるのですが、大体の人は中辛を選んでいますね。辛めをそこまで強くないので、ちょっと辛いのが好きな人は辛めのほうがいいかと思います。家で作るカレーの辛さに慣れている人は、中辛ぐらいが一番味のバランスが良くて美味しいかも。

今の季節の特別メニューは牡蠣カレーになっていました。

まず、最初にジャガイモがごろっと出てきます。「前菜としてもカレーの付け合せとしても美味しくいただけます」と書いてあるのですが、前菜としてはかなりのインパクトです(笑。

バターがつけあわされるので、割ってバターを挟み込んで、じゃがバターにしていつもいただいています。

今回は、ビーフカレーにオプション(150円プラス)でチーズをのっけてもらいました。チーズはとろ~んと伸びるやつです。写真だとかなりスープカレーっぽい感じもしますが、そこまでゆるくないです、家でつくる普通のカレーとスープカレーの中間ぐらいでしょうか。

ご飯にも、すでにチーズがファサッとかかっています。このチーズのせいもあるんでしょうが、本当にボリュームがあるので、食べきるのが大変です。一緒に行った人たちも、ヒイヒイ言って食べてました。大盛りを一回食べたことがあるんですが、もう一歩も歩けないぐらいのお腹いっぱい具合でした。

最後に、一押しメニューの「なめらかプディング」です。

開けるとキャラメライズされたプリンが!

最初、焼きあげてからお出ししますと書いてあったので、オーブンから焼きたてが出てくるのかと思ったら、器が冷たい。

どうやらこのキャラメライズ部分だけが焼きたてのようです。ちょっと残念ですが、本当に「なめらか」で美味しいプリンでした。しかしカレーのあとで本当にお腹が破裂しそうで、別腹のはずのデザートもアップアップ・・・・。

この日は、ちょっと遅目のランチで3時ぐらいに食べ終わったのですが、このあと全然お腹が減らなくて、ご飯を食べようと思えたのが、夜の9時過ぎ・・・。連れのうちの1人は、その日はご飯を食べなかったそうです。

カレー好きな人なら、味は保証しますが、濃厚な上にボリュームがあるので、覚悟して行ってください(笑。

 ちなみに、カレー好きな人は荻窪の「トマト」もトライしてください。トマトも欧風カレーの粋といったカレーですが、こちらは様々なスパイスが味のレイヤーで感じられる他の店で味わえないカレーです。

Posted by shin

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする