【妊娠】どうやら妊娠中に母親が抗うつ剤をを服用していると心配症の子供になりやすいらしい【抗鬱剤】

P7130154.jpg

 

妊娠中の服薬が子供の精神に影響する?

ノルウェーとカナダの機関による研究で、妊娠中に母親が抗うつ剤を服用していると、3歳の時点でより心配しがちな子供になることが、兄弟との比較によって明らかになったそうです。

Three-year-old siblings exposed to antidepressants in pregnancy show increased anxiety symptoms compared to their unexposed siblings, researchers report. The study shows the importance of considering the potential long-term effects on child development when addressing the safety of antidepressant use during pregnancy. 

ただ、他の精神的な問題、例えば感情面での反応や睡眠障害、ADHDなどへの影響はみられないそうです。しかし母親のうつ症状と子供の異常行動とは関連性があり、抗うつ剤を飲んでいるとより強い関連があるようですね。

 

ランダムな遺伝的な影響ではないのか?

鬱病といった症状に遺伝的な要素が大きく作用していることは以前から知られていました。したがって、母親が鬱ならば、子供が通常よりも精神面での問題を抱えやすい傾向があることは明らかです。

またこういった子どもと母親の鬱病や抗鬱剤の服用の関係を調べる研究もされてきましたが、今回の研究が他のものとことなるのは、兄弟間の比較を用いることで遺伝的な要素を極力排除していることです。

“These findings are in line with previous research, but to my knowledge this is the first study that has taken into account that depression and emotional problems have a genetic component. Siblings share on average 50 per cent of their genes. By studying the effect of prenatal antidepressant use and maternal depression in sibling clusters, we can control for a large proportion of the genetic influence,” says Ragnhild Eek Brandlistuen, researcher and lead author of the study.

つまり、遺伝的な要素のあるなしに、母親が妊娠中にうつ病であったり抗うつ剤を服用していることは子供への大きな悪影響を持つ可能性が示唆されたわけです。

 

妊娠中の胎児に影響がでるメカニズム

体内の生理化学的な面において、なぜ影響があるのか考えられるかというと、典型的な抗うつ剤は脳内のセロトニンレベルに作用します。これはもちろん胎児の脳内におけるセロトニンのレベルにも影響があるので、胎児の脳の生育にも影響があるのは想像に難くありません。

また母親の鬱病は、胎児のセロトニンレベルに影響を与えるだけではなく、ストレスホルモンであるコルチゾールのレベルも増加します。これもまた胎児の脳の成長に影響があると考えられる要素です。

 

妊娠中は抗うつ剤を控えたほうがいいのか?

この研究では、妊娠中はたとえ鬱病を患っていても、できるだけ抗うつ剤の服用を妊娠中は控えたほうが良いとコメントしています。したがって認知療法など体内のケミカルにダイレクトに介入しない療法をすることが望ましいですね。

ただしシビアな鬱病では抗うつ剤を併用しないことは、あまり現実的ではないかもしれないし、母親があまりにも精神的に不安定では子供によくないので、そこらへんは臨床医が経験も踏まえてどう向き合っていくかということになりそう。

この研究では、母親の他に服用している薬剤があるかやアルコールの摂取などはカウントしていないので、これからもまだまだリサーチの余地はありますが、なかなかおもしろい研究でした。

私が今までみてきたケースでも、精神病にかぎらず、両親のどちらかがアトピーだと子供もアトピーになる傾向がありますから、遺伝的な要素もありつつ、ステロイドや他の体内のケミカルバランスが、胎児期に影響して子供がアトピーになるようなことがあるのかもしれませんね。

まあ一般的にも妊娠中の服薬は制限がかかりますし、ほんとになんにも飲まないことにこしたことはないということですね。

 元記事は以下からどうぞ

Antidepressant use in pregnancy associated with anxiety symptoms in 3-year-olds