Eyjafjallaj?kull Ash ~アイスランド噴火火山の火山灰~

Eyjafjallaj?kullという火山(発音が全く推測できませんが、ウィキペディアによるとエイヤヒャトラフィヨコッという発音が近いようです)がアイスランドで今回噴火したのですが、火山灰(溶岩のようでもあります)がアイスランドより送られてきたので、ファーマシーで早速レメディーを作ることにしました。
金属やこういった溶けない物質のレメディーを作るのは骨が折れるので、数日がかりで少しずつ作っていきます。

触った感触は砂鉄のようで面白いです。磁性も多少あるようで金属に付着します。
エンジンで高熱になるとガラスに変化するらしいので、当たり前ですがSilicaも多いのでしょう。

ここのところ数日間、火山が噴火してから花粉症ような症状がでているというお客様が時々いらっしゃいますし、同僚でも鼻炎気味になったという人や調子が呼吸器系がすこしおかしいという人もいます。
私も前々回で火山灰アレルギーか?と笑っていましたが、あながち笑い話ではなかったかもしれません。

来週、レメディーを作った後、プルービングをやる予定なのですが、火山からでてきたものですし、Sulphと共通する部分もあるのではないかと色々と妄想して楽しみにしています。

プルービングがうまくいったら、後日談を書きたいと思います。

いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

シンヨシダホメオパシーセンター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする