【レメディー解説】自分でレメディーを決められる!咳のレメディー:その1

g-0517.jpg

咳に用いられるレメディーを何回かで説明していきます。

1.Aconite Nape.

・冷たい乾燥した風にさらされるたり、身体が冷えたことで急に咳が出てくる

・風邪の初期段階

・高熱を伴うことが多い

・夜中に咳が出る

・乾いた咳で、窒息するような大きな咳をする

・ナーバスで不安、落ち着きが無い状態になる

・悪化:夜、寝てる間、寝ついた直後、息を吸うこと、横向きに寝る、

・改善:仰向けに寝る

2.Allium Cepa

・風邪や花粉症からくる咳

・水っぽい大量の痰がでる

・痛みを伴う咳、痛みのあまり喉をおさえるたりする

・悪化:夕方、暖かい部屋、部屋の出入りで空気の温度が変わる時、湿気、春

・改善:外気、動くこと、冷やすこと

3.Antimonium Crudum

・強烈な発作的な咳の後に、弱い発作が続いておこる

・声がかれる

・舌苔が白い

・水疱瘡の時の咳

・悪化:朝、寝起き、暖かい部屋、太陽、水泳、冷えること、食べ過ぎ、甘いもの、食後

・改善:外気、休むこと、風呂で暖まる

4.Antimonium Tartaricum

・うるさくてゼロゼロいう咳

・胸が痰で埋まっているかのような音がする

・体力がない人で痰が吐き出せない(老人や小さい子供)

・痰がほとんどでない

・息をするために座らないといけない

・苛々していて触れられるのを嫌がる

・悪化:夜、10PM以降、怒り、過食、あくび、朝、横たわること、天候の変化

・改善:座ること、痰を吐いた後、冷たい外気、右側を下にして横になる

5.Arnica

・咳をするたびに痛いので、胸をおさえる

・インフルエンザなどで、体中が痛かったりするときの咳

・子供の場合は、咳をするたびに泣きべそをかいたりする

・悪化:触られること、動くこと、寝起き、冷たくて湿った空気

・改善:横たわること、外気、座ること