【レメディー解説】自分でレメディーを決められる!咳のレメディー:その2

g-0504.jpg

 

その1に続いて、咳のレメディーの解説です。 

 

6.Arsenicum

・心配で落ち着きが無い

・寒がり

・のどが渇いて、チョビチョビと少しずつ飲み物を飲みたがる

・アレルギーや喘息による咳

・咳をしている最中に、大量に発汗する

・気管支が炎症を起こして、息がしにくくなる

・泡っぽい痰が出る

・心身共に消耗する

・悪化:深夜12時から2時、外気(特に冷たい)、冷たい飲み物、横になること、ホコリ、煙草の煙、階段を登る時

・改善:暖かい飲み物、暖まること、姿勢よく座ること

7.Belladonna

・発作的な強くて短い咳を伴う高熱

・夜中に悪化する

・顔が熱を伴って赤くなる

・喉に異物感を感じて咳が出る

・喉が焼けるような感じがする

・咳をすると、余計に咳が出る

・咳をするたびに割れるような頭痛がする

・悪化:動くこと、深呼吸、ホコリ、喉に触ること、あくび、夜中

・改善:身体を前に曲げる、ベッドに横たわる、暗い部屋、背筋を伸ばして座る、暖かい部屋

8.Bryonia

・頭や胸に痛みを伴う咳

・冷たい風にさらされることではじまるが、症状はゆっくりと悪化する

・咳をするときに胸のあたりをおさえる

・強く押すことで症状が良くなる

・胸のあたりに縫うような痛みがある

・喉が渇く

・1人でいたがる

・痛い側を下にして横になりたがる

・動いたり、深呼吸によって空咳が出る

・悪化:動くこと、飲食、頭を低くして横になる、腕を上げる、頭を下げる、暖まりすぎる

・改善:外気に触れる、強く押すこと、じっとしていること

9.Calc Carb.

・夜中は空咳で、朝は痰がたくさんでる

・喉が痒い感じがする

・活動することで咳が悪化する

・悪化:活動、牛乳、寝起き、朝、満月、食後

・改善:乾燥した気候、痛い側を下にして横になる、朝、朝食後、さすること

10.Causticum

・胸の奥深いところ痰があるような感じがして、もうちょっと深い咳をすると痰がでるような感覚がある。

・咳をしても痰を出すことができない

・咳をすると、お尻に痛みを感じる(特に左のお尻)

・昼間は、全く咳がでなくなる

・声がかれる

・咳の最中に尿漏れする

・胸が焼けるような感じがしたり、喉にかゆみを感じて咳が出る

・粘着質な痰、石鹸の泡のような痰

・悪化:横になる、夕方、夜中(3AM-4AM)、濡れること、新月、話すこと、コーヒー、

・改善:雨、冷たい飲み物、暖まること、ゆっくりと動くこと、湿った気候