【レメディー解説】自分でレメディーを決められる!咳のレメディー:総集編

g--40.jpg

 

今まで紹介した咳に使うレメディーをひとまとめにしてあります。

レメディーにプラスしてほかに何ができるかもこの後で説明します。

1.Aconite Nape.

・冷たい乾燥した風にさらされるたり、身体が冷えたことで急に咳が出てくる

・風邪の初期段階

・高熱を伴うことが多い

・夜中に咳が出る

・乾いた咳で、窒息するような大きな咳をする

・ナーバスで不安、落ち着きが無い状態になる

・悪化:夜、寝てる間、寝ついた直後、息を吸うこと、横向きに寝る、

・改善:仰向けに寝る

2.Allium Cepa

・風邪や花粉症からくる咳

・水っぽい大量の痰がでる

・痛みを伴う咳、痛みのあまり喉をおさえるたりする

・悪化:夕方、暖かい部屋、部屋の出入りで空気の温度が変わる時、湿気、春

・改善:外気、動くこと、冷やすこと

3.Antimonium Crudum

・強烈な発作的な咳の後に、弱い発作が続いておこる

・声がかれる

・舌苔が白い

・水疱瘡の時の咳

・悪化:朝、寝起き、暖かい部屋、太陽、水泳、冷えること、食べ過ぎ、甘いもの、食後

・改善:外気、休むこと、風呂で暖まる

4.Antimonium Tartaricum

・うるさくてゼロゼロいう咳

・胸が痰で埋まっているかのような音がする

・体力がない人で痰が吐き出せない(老人や小さい子供)

・痰がほとんどでない

・息をするために座らないといけない

・苛々していて触れられるのを嫌がる

・悪化:夜、10PM以降、怒り、過食、あくび、朝、横たわること、天候の変化

・改善:座ること、痰を吐いた後、冷たい外気、右側を下にして横になる

5.Arnica

・咳をするたびに痛いので、胸をおさえる

・インフルエンザなどで、体中が痛かったりするときの咳

・子供の場合は、咳をするたびに泣きべそをかいたりする

・悪化:触られること、動くこと、寝起き、冷たくて湿った空気

・改善:横たわること、外気、座ること

6.Arsenicum

・心配で落ち着きが無い

・寒がり

・のどが渇いて、チョビチョビと少しずつ飲み物を飲みたがる

・アレルギーや喘息による咳

・咳をしている最中に、大量に発汗する

・気管支が炎症を起こして、息がしにくくなる

・泡っぽい痰が出る

・心身共に消耗する

・悪化:深夜12時から2時、外気(特に冷たい)、冷たい飲み物、横になること、ホコリ、煙草の煙、階段を登る時

・改善:暖かい飲み物、暖まること、姿勢よく座ること

7.Belladonna

・発作的な強くて短い咳を伴う高熱

・夜中に悪化する

・顔が熱を伴って赤くなる

・喉に異物感を感じて咳が出る

・喉が焼けるような感じがする

・咳をすると、余計に咳が出る

・咳をするたびに割れるような頭痛がする

・悪化:動くこと、深呼吸、ホコリ、喉に触ること、あくび、夜中

・改善:身体を前に曲げる、ベッドに横たわる、暗い部屋、背筋を伸ばして座る、暖かい部屋

8.Bryonia

・頭や胸に痛みを伴う咳

・冷たい風にさらされることではじまるが、症状はゆっくりと悪化する

・咳をするときに胸のあたりをおさえる

・強く押すことで症状が良くなる

・胸のあたりに縫うような痛みがある

・喉が渇く

・1人でいたがる

・痛い側を下にして横になりたがる

・動いたり、深呼吸によって空咳が出る

・悪化:動くこと、飲食、頭を低くして横になる、腕を上げる、頭を下げる、暖まりすぎる

・改善:外気に触れる、強く押すこと、じっとしていること

9.Calc Carb.

・夜中は空咳で、朝は痰がたくさんでる

・喉が痒い感じがする

・活動することで咳が悪化する

・悪化:活動、牛乳、寝起き、朝、満月、食後

・改善:乾燥した気候、痛い側を下にして横になる、朝、朝食後、さすること

10.Causticum

・胸の奥深いところ痰があるような感じがして、もうちょっと深い咳をすると痰がでるような感覚がある。

・咳をしても痰を出すことができない

・咳をすると、お尻に痛みを感じる(特に左のお尻)

・昼間は、全く咳がでなくなる

・声がかれる

・咳の最中に尿漏れする

・胸が焼けるような感じがしたり、喉にかゆみを感じて咳が出る

・粘着質な痰、石鹸の泡のような痰

・悪化:横になる、夕方、夜中(3AM-4AM)、濡れること、新月、話すこと、コーヒー、

・改善:雨、冷たい飲み物、暖まること、ゆっくりと動くこと、湿った気候

11. Coccus Cacti

・発作的な抑えられない咳

・短いけれど発作的な強い咳で、たくさんの痰が出る

・紐のような長くて粘質な痰がでる

・全く痰がでない場合もある

・午前6時から7時か夜の11時半以降に咳が出る

・悪化:暖まること、暖かい部屋、暖かい食べ物や飲み物、横になる、冬

・改善:冷たい食べ物や飲み物、外気(特に冷たい)

12. Drosera

・昔から百日咳に使われてきたレメディー

・発作的な非常に激しい咳で、嘔吐することもある

・胸全体でするような大きな咳

・喉が乾燥してイガイガする。かゆみも感じる。

・咳が激しすぎて、窒息しそうになる

・悪化:夜、AM12-AM2、飲食、話すこと、タバコ、夜中に横たわること、横になって頭が枕に触れる、ベッドの中で暖まる

・改善:座ること、ゆっくりと歩く

13. Ferrum Phos.

・顔が赤くなって熱があり咳もあるけど、症状に特徴のあまりない子供の風邪によく使われる

・痰に血が混じっていたり、鼻血がでることがある

・風邪の比較的初期段階で、あまり特徴がなく、レメディーを決められないときに使うとよい

・気管支炎といった、炎症を伴う咳に使われる

・悪化:4AM-6AM、動き、音、冷たい風、食後、立つこと

・改善:血が出ること、ゆっくりと歩くこと、寝起き、一人でいること

14. Hepar Sulph

・濃くて黄色い痰がたくさんでる咳

・冷たい風などが原因の子供の咳:特に激しい咳の場合が多い

・夜中に空咳で、朝に痰がたくさんでる

・夜中ずっと咳が続くことがある

・冷たい隙間風などに非常に敏感

・ちょっとしたことに反応したりしてイライラしている:音、触ることなど

・寒気が非常に強いので、暖めるとよくなる

・ベッドから出たり、毛布を剥いだりすると症状が悪化する

・悪化:冷たくて乾燥した気候、冷たい物の飲食、ちょっとした刺激

・改善:熱、湿った気候

15. Ignatia

・精神的にショックなことがあった後にはじまった咳

・乾いた短い咳が、発作的にたくさんでるので、呼吸をしづらい

・咳をすると、余計に咳が出てくる

・Droseraのように百日咳に使われてきたレメディー

・深呼吸をすると咳がでる

・悪化:精神的なショック、冷たい外気、悪臭、触れられること、コーヒー、タバコ、朝、寝起き

・改善:姿勢を変える、排尿、一人でいること、暖まること

16. Ipecac

・ほとんど空咳

・咳と一緒に嘔吐することが多い

・窒息しそうになる激しい咳

・ひっきりなしに咳がでる

・息がしにくい咳のせいで、顔色も青白くなる

・痰が絡んだような音のする咳だが、ほとんど痰が出ない

・吐き気や鼻血がでる

・数ヶ月や数週間など、一定期間ごとに同じような咳がでてくる

・悪化:夜、7PM、暖まること、冬、乾燥した気候

・改善:外気、冷たい飲み物

17. Kali Bich.

・鼻炎を伴うことが多い

・吠えるような連続する激しい咳

・卵白のような白っぽい粘着質の痰

・声がかれる

・痰が出ると咳が楽になる

・悪化:夜中(1AM-3AM)、寝起き、冷えること、脱ぐこと

・改善:ベッドで暖まる、座ること、食事

18. Lycopodium

・喉がイガイガして出る咳

・咳が出るたびに頭がズキズキする

・夜にベッドに入っている時、喉を羽でくすぐられるような感覚がして咳が出る

・しょっぱい痰が出る

・悪化:4PM-8PM、眠りにおちるタイミング、動作、左側を下にして寝る、ベッド

・改善:温かい飲み物、仰向け 

19. Kali Carb.

・空咳で気管支炎を伴うこともある

・夜中の2時から4時に出る咳

・夜中に咳のせいで目が覚める

・咳と一緒に嘔吐する

・咳をする時、胸に縫うような痛みを感じる

・横になると、喉を何かが這いまわるような痒いような感覚がして咳が出る

・悪化:2AM-4AM、眠りにつくタイミング、冷たい風、横になる、活動する、深呼吸、暖かい食べ物

・改善:姿勢よく座る、前に屈む

20. Nux Vom.

・インフルエンザ、アレルギーなどが原因の乾燥した咳

・胸の痛みを伴う空咳

・発作的な強い咳がでて、頭痛を伴うことが多い

・へそ周りに打ち身のような感覚がある

・悪化:寝起き、3AM、冷たい空気、食事、感情的な昂ぶり、コーヒー、アルコール

・改善:暖まること、温かい飲み物、横たわること

21. Phosphorus

・咳をするときに胸に焼けるような感覚がある

・喉の奥が痒くてイガイガする痛みを伴う空咳

・話したり笑ったりすることで咳が出る

・寒気を感じているけれど、冷たい飲み物を欲しがる

・風邪を引くたびに咳が出る

・頭が割れるような頭痛を伴う咳

・咳のせいで体力的に消耗する

・悪化:夕方、睡眠、冷たい風、暖かい部屋に入る時出る時、左側を下にして寝る、臭い、煙草の煙、話すこと

・改善:暖まること、右側を下にして寝る

22. Pulsatilla

・アレルギーや喘息からおこる咳

・ゼロゼロとした音をがして、緑で水っぽい痰がでる咳

・子供の夜に悪化する咳

・特に子供の場合、不安がって一緒にいたがる。一人を嫌がる

・換気して新鮮な空気を吸いたいと感じる

・寝起きに痰がたくさんでる

・黄色か緑っぽい痰、苦い時もある

・横になると悪化するので、ベッドの上で座るほうが楽

・胸のあたりに痛みを感じる

・暖かい部屋に入ると咳が出る

・副鼻腔炎を伴う

・朝は痰を伴い、夜は空咳になる

・咳をした時に尿漏れする

・悪化:夜、横たわること、冷えること、暖かい部屋、温かい飲み物、横たわること

・改善:外気、冷たい空気、ゆっくりと歩くこと、座ること、深呼吸、重ねた枕によりかかること

23. Rhus Tox.

・イガイガする痛みを伴う空咳

・手や足など体の一部分が、布団などからわずかでも出ると咳が悪化する

・出血は見られないが、口の中で血の味がする

・悪化:11AM、夜、冷たい空気、外気、湿った気候、じっとしていること

・改善:動くこと、温かい飲み物

24. Sepia

・強烈な咳が頻繁に出る

・副鼻腔炎

・濃くて黄色い痰がでる(朝か夜にたくさん出ることが多い)

・起き上がるときに咳が出る

・咳の後に、口の中に硫黄のような悪臭がする

・咳が強烈なので、尿漏れすることがある

・悪化:冷えること、生理前、朝と夜、食中と食後、湿った気候、牛乳

・改善:激しい運動、踊ること、暖まること、冷たい飲み物、忙しくすること、足を組んで座ること、外気

25. Spongia Toasta

・アレルギーや喘息からくる空咳

・吠えるような強烈な咳

・咳をするときに、喉が狭まるような感覚になる

・咳で呼吸が苦しくなる

・咳のたびに喉や胸に焼けるような感覚がある

・悪化:冷たくて乾燥した風、寝起き、甘いもの、冷たい飲み物、右側を下にして横たわる、満月、暖かい部屋、大気の変化、真夜中の前、飲食、のど飴を舐める、座ること、

・改善:頭を低くして横になる、少しだけ食べる、体を前に曲げる、温かい飲食物、休むこと

26. Sulphur

・なかなかおさまらない咳

・夜は空咳だが、昼は痰がたくさん出る

・黄色くて粘着質の痰、甘い味がすることもある

・頭がのぼせたような感覚がある

・強烈な咳のせいで頭痛になる

・咳のせいで眠りから覚める

・胸に焼けるような感覚がある

・悪化:11AM、夜、ベッド、横たわること、風呂

・改善:外気、動くこよ、温かい飲み物、暖かくて乾燥した気候、右側を下にして横たわる