Q:セッション後にレメディー名は教えてもらえるのでしょうか?【ホメオパシー】

g-0537.jpg

 

コメントで質問を頂いたのですが、詳しい内容をこちらに書きたいと思います。

レメディーの名前は、毎回セッションの時にお知らせしていますが、以下の2つのパターンがあります。クライアントと説明した上でどちらを希望されるか伺っています。

1.今回出すレメディーを、その回では言わないで、次回のセッション時にお知らせする

2.今回出すレメディーを、その回ですぐにお知らせする

基本的には、「1番の前回出したレメディーを、次回セッション時にお知らせする」をおすすめしています。

理由は、どのレメディーを今飲んでいるかあまり気にしてほしくないからです。

ホメオパシーやレメディーに知識がある人だと、自分にだされたレメディーを知りたいでしょうし、またそれがどういったものなのか気になるというのは当然の気持ちだと思います。

レメディーの解説には、ポジティブな側面だけでなくネガティブな側面も書かれているので、自分がどうしてこれを出されたのかなど気にしすぎてしまうことや、こういった面で出したのかと推理してしまうこともあります。

しかし、私としては、レメディーをとる際には、あまり深く考えないで飲んだ時にどういった反応があったかということに冷静に観察していて欲しいのです。

知識があると、どうしても自分が良くなって欲しいと思っていることなどを拾い上げて、ある一面だけを過剰に期待してしまったりすることもあるのが人間です。

したがって、飲んでいる最中は、そのレメディーに対して何もわからないほうが、メリットが大きいと私は考えています。

もちろん、どうしても今知りたいという方には、レメディー名もきちんとお知らせしています。セッション後にその都度確認しているので、どうされたいか意向をお伝え下さい。