ホメオパシーコンサルテーションとは?

・Holistic Health Balance (心身全体の健康)

ホメオパシーでは、人間は単なる肉体のみの存在ではなく感情や精神を伴った存在と考え、肉体的な健康のみでなく、心身共にバランスのとれた健康を本質的な癒しを目指します。

これはあまりにも当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、私たちは病気を患ったときに肉体的な不調のみに注意を向け、治そうとしてはいないでしょうか?

身近な例をあげますと、人はストレスを受け続けると胃に痛みを感じたり頭痛がおきたりします。

このような状況で、私たちが注意をむけるのは多くの場合「痛み」をなんとかすることです。

しかし本質的にはそれを起こす原因を対処することが大事であり、鎮痛剤などを飲むことが抜本的な解決にはなっていないのではないでしょうか?

第一に目を向けるべきはそれを引き起こす原因になっているより根本的なことのはずです。
もし病気の原因になっていることを克服できなければ、一時的に良くなることはあっても、慢性的な状況から抜け出すことはできないはずです。

もちろん全てのケースが原因に目を向けることで簡単に片付くわけではありません。

原因は明らかであるけれども現実問題、変えようがないというケースも多くあります。

だからといってそれに対しては何もしないというのではいずれ限界が訪れます。

症状をひき起こす原因を癒すというのも大切ですし、それが可能ならば一番の近道のケースも多いですが、ホメオパシーでは生命力がその問題がなんであれを何らかのかたちで克服し、心身共にバランスがとれた状態を目指します。

一例として、花粉症であれば、花粉をこの世界から取り除くことは事実上不可能ですが、体が過剰反応を起こすことをやめれば(=問題の克服)、それは心身共にバランスがとれていると言えるわけです。


・ホメオパシーの癒し?

ホメオパシーはその人の生命力を引き出し発現させ、自身の力で癒しを起こすので、単なる風邪から長年の煩っている慢性病、アトピーや喘息、精神的な問題等々、特に治療法が確立されていないような原因不明の失調、慢性疲労や冷え性など様々なもの対応ができます。

ストレス社会に生きている我々現代人の複雑な病理にも柔軟に対処できるまさにうってつけの療法といえます。

現代社会では多くの人が意識的、無意識的に様々なストレスとなる刺激を受けています。

大気汚染、食品添加物や環境ホルモンなど心身にとって気づかないうちにダメージを与える要素が溢れています。

ホメオパシーで心身のバランスを取り戻すことで、多くの問題を克服することが可能です。

私は不思議とアトピーのかたに縁があり、多くのケースをみさせて頂いているのですが、9割以上のかたに改善がみられ、全身に広がっていたのに綺麗に消えたケースもあります。

ホメオパシーでご相談いただく症例を上げますと

1)精神面、感情面における症状

・ストレス
・心配や鬱
・不眠
・拒食症
・トラウマ
・ショックや悲しみ
・恐怖症
・パニック障害

2)肉体的な症状

・頭痛

偏頭痛、慢性頭痛等

・アレルギー

花粉症や鼻炎、ホコリ、動物の毛、食物に対するアレルギー症状等

・呼吸器系

喘息や咳、肺炎、気管支炎等

・皮膚疾患

アトピーや疥癬、ニキビ、カビ感染、皮膚炎等

・ホルモン疾患

生理痛、更年期障害、不妊、PMS、甲状腺問題、多のう胞性卵巣症候群、子宮筋腫、前立腺障害

・消化器疾患

消化不良、下痢、便秘、食中毒、IBS

・自己免疫疾患

リューマチ、関節炎、自己免疫不全に関する症状

・その他

慢性疲労症候群、術後の回復、腰痛、怪我、薬の副作用、等々

そこに症状があるかぎり、ホメオパシーはトリートメントを行うことが可能です。

上記の症状は、あくまでも参考のための一例に過ぎません。


相談方法

相談方法は3種類のオプションがあります。
1)面接相談
2)スカイプまたは電話による相談
3)E-mail相談

相談システムのページもご参照ください。

1)面接相談

面接相談は、毎週土曜日、日曜日に銀座にて行っております。

土曜日、日曜日ともに 9:00 – 18:00 の間で予約を受け付けております。
メールか電話にてご予約ください。

2)スカイプまたは電話による遠隔相談

海外在住の方や、遠隔地にいらっしゃる方には、スカイプまたは電話相談をおすすめしています。
私の健康相談の9割以上が、この遠隔相談のスタイルです。
直接対面にて相談させていただくのがホメオパシー健康相談の理想ではあります。

しかしながら、遠隔地からの相談でもしっかりとお話をさせていただければ、面接相談と変わらない結果を出すことが可能です。
移動時間を節約できて時間の柔軟性も高いので、初回に面接相談をし二回目以降の相談に使用することも多く、大変ご好評をいただいています。
また電話相談をする場合、国際通話料金等は全額当方が負担いたします。

Skypeをご存じない方は、こちらから公式サイトの説明をごらんください。

Skype公式ウェブサイト

簡単に説明しますと、Skypeとはパソコンを利用したビデオ電話です。
パソコン同士の単純な通話を可能にするソフトウェアですが、ビデオ電話も無料で可能です。インストールも使用も非常に簡便なので、詳細は公式ウェブサイトをご覧ください。

3)E-mail相談

時間の都合がつきにくい方などには、E-mail相談も承っています。
2−3回のメールのやりとりをしますが、予約をとる必要もなく時間的にも柔軟性が高いので特徴です。
特に仕事が忙しくて、いつ時間をとって予約ができるかわからないような方、電話や面接相談に抵抗がある方にもおすすめいたします。
ご自身の症状を書いていただき、こちらから返信にて重要な部分をさらに掘り下げて伺い解析したのちに、レメディーを発送いたします。

約2週間ほどでレメディーがお手元に届く形になります。


・レメディーをお渡しするまでの流れ

1 予約のためのご連絡を頂きます。

2 ご希望の時間から、都合のよい時間をお知らせいたします。

3 予約日が決定いたしましたら、予約日の一週間前までに代金をお支払い頂きます。

4 予約日にご相談いたします。

5 相談時より72時間以内にレメディーを発送いたします。

6 通常、郵便にて送りますので、発送から数日で到着いたします

7 同封の説明に従って、レメディーをお摂りになってください。


・相談にあたって

初回は1時間から1時間30分、2回目以降は30分から1時間の相談時間になります。
この1時間30分という時間を長いと考えられる方もいらっしゃるかもしれませんが、ホメオパシーでは現在の問題だけでなく、ご自身だけでなく家系の病歴も 遡って調べ上げ、考慮に入れる必要があるので非常に時間がかかります。個人差はありますが、最低でも初回に1時間はかかると考えてください。

ほかの様々な療法と異なるホメオパシーのおもしろい部分として、

・どのような食べ物が好きか?または嫌いか?

・気候や場所の好き嫌い

・喜び或いは恐怖を感じる状況、場所や対象

上記のような西洋医学ではあまり重要視されないような、その人の個性を形作る情報がレメディーを選ぶ決定的な要素になることがあります。
他の人にない、自分だけのユニークな性格や嗜好がありましたら、相談時に教えていただけますと、レメディーを選ぶ際の大きな助けになります。

また、症状などをできるだけ詳細に渡って調べ上げる必要があるので、あらかじめどのような特徴が症状にあるのか心に留めておいていただけるとより効果的に時間を使えます。気にしていただくポイントとして

  1. どのような症状か
  2. 具体的にどの部位にあるか
  3. 症状を和らげる要素はあるか
  4. 悪化させるような要素はあるか
  5. その症状に伴って表れる他の症状はあるか?
  6. いつから症状があるのか (きっかけとなるようなことはあったか?)
  7. その症状が現れるときの感情や精神状態

上げれば切りがないので止めますが、上記以外にも特徴は必ずあるはずです。
できるだけ詳細な情報をいただけると精確なレメディーの選択ができ、よりよい結果を出すことが可能になります。

・期間

これは何をトリートしているかによって変わってくるものですが、慢性症状の場合、最低3アポイントメント、約4ヶ月を目安にしてください。
アポイントメントの間は、約4週間から6週間になります。
これもどのような症状か、症状の程度によって異なってきます。

一例に過ぎませんが、アトピーのかたがいらっしゃった場合、一年半から二年のお付き合い頂きたいと、始めに一言お願いしております。
体質を変えるにはそれぐらいの時間がかかるということです。

・ホメオパシックレメディーのお届け

レメディーは、相談後、通常72時間以内に発送しています。
レメディー代金は相談料金に含まれています。
またサプリメントやハーブでのサポート、クリームの提案も行っておりますが、こちらはオプションとなり別途料金がかかります。